トップ / 賃貸物件でも改造できるほうほう

賃貸物件でも改造できるほうほう

賃貸でも改造できる

改造

賃貸を改造することはできるか

賃貸住宅を借りてから数か月あるいは数年たつと改造したくなる部分も出てくることもあります。例えば、収納が少ない場合です。収納は入居した当時は荷物が少なくても、時間の経過とともに荷物が増えて来ることがあります。例えば、新婚で賃貸住宅を借りたけども、子どもが生まれた場合などです。この場合部屋の収納を増やすべく改造できるかが問題となりますが、通常は借主には原状回復義務というものがあり、退去時に元通りに戻すことが出来るようなやり方であれば問題ないのです。ただ、壁や柱に釘で穴を開けるなどはできませんので注意は必要です。

借り物件でも改造したいですよね

賃貸住宅に住んでいると、部屋の改造は出来ないと思いがちです。しかし工夫次第で自分の好きなように部屋を変えることができてしまうのです。その家を出るときには原状回復が基本のため、壁に穴をあけたり色を塗り替えるというような方法はとれませんが、賃貸住宅でも使える「剥がせる壁紙」や、壁と床を傷つけないで柱を立てられる道具など、様々なものが販売されています。また、ベニヤ板に色を塗って彫刻刀で掘ることで板壁風にしたり、マスキングテープや両面テープ、大型のホッチキスであるタッカーを使うなど、工夫次第で原状回復できる改造ができてしまうのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸物件は新築が人気. All rights reserved.